Apple Silicon搭載 MacBook Pro M1で Homebrewとrbenvをインストールする

開発

タグ Apple Silicon Homebrew rbenv

先日購入したApple Silicon搭載 MacBook Pro M1にこのブログをビルドするためにHomebrewとrbenvをインストールしたのでメモ。

Homebrewのインストール

Homebrewには現状2つのインストール方法があるようです。

  1. TerminalをRosetta2を有効にして起動し通常インストールする
  2. デフォルトではないディレクトリにネイティブインストールする

せっかくのM1なので、Rosetta使う方法ではなく2のネイティブインストールしました。

ネイティブインストールするには現状いくつかのステップが必要ですが、こちらのYoutubeとgistが参考になりました。

Youtube

Gist

/opt/homebrew以下にインストールするのが今のところ一般的なようです。

rbenvをインストールする

rbenvは通常どおりhomebrewでインストール可能。

brew install rbenv
rbenv init
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.zshrc
source ~/.zshrc

その後rubyをインストールしようとするとopensslのコンパイルでエラー

rbenv install 2.7.2

Downloading openssl-1.1.1h.tar.gz...
-> https://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/5c9ca8774bd7b03e5784f26ae9e9e6d749c9da2438545077e6b3d755a06595d9
Installing openssl-1.1.1h...

BUILD FAILED (macOS 11.0.1 using ruby-build 20201118)

opensslをインストールする

brew install openssl

.zshrcに設定を追記.

echo 'export RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl@1.1)"' >> ~/.zshrc

再度rubyをインストール

rbenv install 2.7.2

無事インストールができました。


オススメ記事