GitHub Pagesでブログを運用し始めてから4年くらいたった

画像出典:GitHubサイトよりスクリーンショット

開発

タグ GitHub Pages ブログ 無料

このサイトはGitHub Pagesで運用しています。

運用を開始してから4年くらいたったのでGitHub Pages運用のTipsでも書いておこうかと思います。

GitHub Pageのいいところ

GitHub Pagesのいいところは、なんといっても無料で使えるところとサーバーを管理する必要がないところです。GitHubのリポジトリにコンテンツを置いておけばサイトを作ることができます。

また、username.github.ioというドメインだけでなく、自分で取得したカスタムドメインが使えたりSSL(https)にも無料で対応できる、という点も本当に素晴らしいなと思います。

Jekyllとテンプレート

GitHub Pagesはhtmlファイルをおけばサイトとして運用できますが、Jekyllというブログ・静的Webサイトを生成するツールをつかえば、ブログを作ることができます。私のサイトもJekyllを使っています。Jekyllにはブログテーマが色々と用意されているので、公開されているテーマを使うことができます。

Jekyll Themes

本サイトでは、テンプレートは使わずに、Jekyllの仕組みに則って自分のオリジナルのデザインを使用しています。テーマの作り方はWordpressに近くて、テンプレートとなるhtmlをJekyllのルールにしたがって作っていくという流れです。自分で作るとCSSやJavaScriptを柔軟に使うことができて、やっぱりいいですね。

リポジトリの運用

GitHub Pagesはmasterブランチの内容が反映されます。Jeykllのテンプレートテーマを使えば何も考えずにmasterにコンテンツを入れておけばいいのですが、本サイトのようにテンプレートテーマを使っていない場合は工夫が必要です。

jekyllでビルドした結果の静的ページのファイルをmasterブランチに置く必要があるからです。

本サイトでは、masterブランチとsourceブランチを作成して運用しています。

masterブランチは直接触らずにビルドした結果を入れておくブランチにしています。sourceブランチにはサイトの元となるjekyllのソースコードがあります。実はsourceブランチがリポジトリの本当のルートディレクトリになっています。sourceブランチでビルドした結果を_siteというディレクトリに入れていて、この_siteというディレクトリが、masterブランチに紐づいています。

こうすることで、masterはビルドされた結果を表示する静的サイト、sourceブランチはmasterに置くファイルを生成するためのソースコードが入ったブランチにできます。

この運用で全く問題なくできているので、おすすめです。

SEO対策

SEO対策はJekyll SEO Tagというプラグインを入れているのと、Google Search Consoleにも一応登録しています。

とはいえ、やはりコンテンツが大事だな、という結論です。

記事が少ないころはあまり検索しても出てこないな、という感じでしたが、記事が増えてくるのとコンテンツが増えてくるにしたがって、いくつかの記事は検索でも上位に出てくるようになってきました。

ローカライズ

記事のカテゴリには英語を使っています。そのカテゴリ名がurlに反映されるからです。しかしサイドバーに出るカテゴリ名は日本語で表示したいので、Slug2Nameというプラグインを使っています。

英語名カテゴリーを日本語表記に変換するフィルター

_config.yml

category_slugs:
  development: "開発"
  family: "家族"
  design: "デザイン"
  hobby: "趣味"

のように書くとカテゴリ名が日本語で表示されるようにしています。

まとめ

GitHub Pagesでブログを運営するTipsを書いてみました。Wordpressのようにアップデートの対応や、サーバーの管理もしなくていいし、無料でできるし、SSLも有効だしカスタムドメインも使えるし、マークダウンでブログがかける、ということで、GitHub Pagesとてもおすすめです。


オススメ記事

運営者プロフィール
masamichiueta
MasamichiUeta

ソフトウェアエンジニアです。ソフトウェアエンジニアリング、アプリ開発、ブロックチェーン、家族、ガジェット、Apple関係のことについて書いています。