macOS 10.15 Catalinaのベータバージョンを安全にインストールする方法

開発

タグ macOS Catalina APFS

WWDC2019でmacOS 10.15 Catalinaが発表され、Apple Beta Software Programに参加している場合はベータバージョンのCatalinaをインストールすることができます。

あくまでベータバージョンですので、メインで使用しているmacにインストールしてしまうと、普段使っているアプリが動かなくなってしまう場合もあります。

Apple公式に、ベータバージョンを安全にインストールする手順が記載されていました。

個別の APFS ボリュームに macOS をインストールする

ディスクユーティリティから、新しいAPFSボリュームを追加して、そこにインストールすることで現在使っているmacOSを失うことなく、使用できます。

ボリュームを追加した後、Appleのダウンロードサイトから新しいOSのプロファイルをインストールして、macOS10.15 Catalinaをダウンロードします。

Download Catalina

ダウンロードするとインストーラが立ち上がるので、インストール先を先ほど作成した方のAPFSボリュームに指定します。

Catalina1 Catalina2

あとはインストールされるのを待つだけです。

起動ディスクを変更するにはシステム環境設定のスタートアップディスクから変更することができます。


オススメ記事