Ripple(リップル)のCTO Stefan Thomasが立ち上げたCoil社について調べてみました

画像出典:Coilの記事よりスクリーンショット

仮想通貨

タグ Ripple リップル XRP Coil

5月14日、Ripple(リップル)社の元CTO Stefan Thomasがツイートを投稿しました。

この投稿を見て、XRPを使った新しいサービスがローンチされたのかなと思ったのですが、よくよく読むと、Stefan Thomas氏自身がCoilという会社を立ち上げてmicropaymentに関する事業を展開していくということで、面白そうなので、Coilについて調べてみました。

Coilとは

Coilとは一言でいうと、

XRPとInterLedgerを使ってWebをマネタイズするためのプラットフォーム

のようです。

CoilのMediumの記事に詳しく書かれています。

Coil: Building a New Business Model for the Web

一部引用して和訳しておきます。

the Internet’s “original sin”, the fact that on the web there isn’t an obvious way to make money outside of workarounds like advertising, paywalls, or selling user data.

インターネットの原罪は、広告・課金・ユーザーデータを売る以外に収益を得る方法がWebにないことだ。

I will be stepping down as CTO of Ripple to set up a new company called Coil. Coil will use Interledger to make the web a more vibrant market for apps and content

私(Stefan Thomas)はリップルのCTOを辞めて、Coilという会社を作る。CoilはInterlederを使ってウェブをアプリやコンテンツにとってより魅力的なマーケットにする

Coil’s first product will be a flat-rate subscription for consumers which will allow them to support creators, breeze past paywalls, see less ads, and unlock additional features and content

Coilの最初の製品は、クリエイターをサポートし、課金を無くし、広告を減らし、さらなるコンテンツを顧客に提供する。

Coil will be the first company to pay out to any website using Web Monetization

CoilはIWeb Monetizationを使ってどんなウェブサイトでもマネタイズする最初の企業です。

と以上のように、CoilとはWebサイトをマネタイズするための新しい支払いの仕組みを作る会社のようですね。

広告、課金以外のマネタイズ手法、楽しみですね!

Stefan Thomasの一連のツイートの和訳


オススメ記事