Ledger Nano Sのファームウェア1.4.2へアップグレードする方法

仮想通貨

タグ ledger nano s ファームウェア ripple

Ledger Nano S ファームウェア1.4.2

Ledger Nano Sのファームウェア1.4.2が公開されたようです。

インストール方法は公式ページを読めばわかります。

https://support.ledgerwallet.com/hc/en-us/articles/360002731113

英語だとわからない方のために、日本語で簡単に書いておきます。

1. 現在のファームウェアのバージョンを確認する

  • Ledger Nano Sを接続して、Settings > Device > Firmwareからファームウェアのバージョンを確認します。バージョンが1.3より小さい場合は、24個のリカバリーフレーズが必要になります。

2. Ledger Managerを起動する

  • Ledger Managerを起動して、Ledger Nano Sを接続し、PINコードを入力します。

3. アプリをアンインストールする

  • Ledger Managerでアプリケーションをアンインストールします。

4. ファームウェアをダウンロードして、インストールする

  • Ledger ManagerのサイドバーのFIRMWARESを選択します。
  • 1.4.2が表示されるので、インストールボタンを押します。
  • Ledger Nano SにAllow Ledger manager?が表示されるので、右のボタンを押します。
  • インストールが開始されます。

5.ファームウェアアップデートを実行する

  • Ledger Nano SにUpdate Firmwareの文字と、ファームウェアのバージョン、identifierが表示されるので、確認します。
  • 右ボタンを押して、アップデートを実行します。
  • ファームウェアのバージョンが1.3.1以下の場合、#6を、1.4.1以上の場合、#7を実行します。

6. Ledger Nano Sを再起動する

  • Ledger Nano SをUSBから抜いて、左ボタンを押しながら挿し直します。
  • BootLoaderが表示されます。
  • アップデートが終わるまで待ちます。

7. MCUバージョン、ファームウェアバージョンを確認します

  • Settings > Device > Firmware から、MCUのバージョン、ファームウェアのバージョンを確認します。
  • MCUが1.5, ファームウェアが1.4.2になっていればオッケーです。

8. アプリを再インストールする

  • 3でアンインストールしたアプリを再度インストールします。

以上で終了です。 ファームウェアアップデートはセキュリティに関わるので、ぜひ早めにアップデートしましょう。


オススメ記事